深爪について

深爪

深爪は、右写真のように皮膚を露呈するくらい爪を切った状態のことを言います。指先は毛細血管が集まる繊細な場所で感染なども考えられるため軽く考えるのはとても危険です。化膿性爪囲炎などの発症も考えられるので早期の相談、早期の対処が重要です。深爪の放置から巻爪や陥入爪のような症状を起こす報告もあります。正しい爪の切り方、対処法など指導させていらだきますのでコトネイルにご相談ください。

 

深爪の主な原因

深爪の矯正

深爪の主な原因は爪を深く切りするケアのミスと、爪を噛むなどの無意識の癖があげられます。この時「ハイポニキウム」を傷つけてしまうことが大きな問題となります。(ハイポニキウムについては下記をご参照ください)単純に爪切りのミスや爪を噛むなどの行為をやめれば爪が元に戻るとは限りません。これはハイポニキウムへのダメージが大きな影響を与えている為です。

 

ハイポニキウム

ハイポニキウムは爪下皮(そうかひ)とも呼ばれ、主に「爪と指をくっつける役割」「爪と指の間から菌が入らないよう守る役割」という働きをしてくれています。爪を裏側から見ると、爪と指の間に白い皮のような皮膚が見えると思いますが、この白い皮のような皮膚がハイポニキウムです。深爪を改善するには「ハイポニキウム」をしっかりと育てる必要があるため、なかなか改善されない方はこのハイポニキウムの育成がうまくいっていないことが原因かもしれません。上記の写真は同じ方の爪です。このように正しいケアをすれば深爪の改善は可能です。深爪にお悩みの方はコトネイルにご相談ください。

爪のピンクの部分を縦長にする

深爪緩和料金表

◆ ケアカラー
【深爪緩和】初回 14,000円(ケア用オイル込) 150分
【深爪緩和】2回目以降 10,000円(ケア用オイル込) 150分
ハンドケア 3,000円 50分

・深爪緩和メニューは2週間に1度通っていただける方に限ります

・2回目が2週間以上あいてしまいますと初回のお値段を頂く場合がございます

・初回はお爪の状態を拝見しカウンセリングのみになる場合もございます(無料)

Copyright(c) 2018 coto.nail(コトネイル) All rights reserved. camomille / camonavi