着物ネイル 浴衣ネイル 袴ネイル

成人式(着物)
着物ネイル

一生に一回の成人式は、その日を最後に生涯会うことのない同級生もいるかもしれません。誰かの写真アルバムの中で最良の自分を保存しましょう!

卒業式(袴)
袴ネイル

袴は着る機会が圧倒的に少ないので特に慎重なコーディネートが必要です。また、卒業式は袴を着替えた後の服装も計算に入れたネイルをするという選択肢もあります。

夏のイベント(浴衣)
浴衣ネイル

浴衣ネイルは浴衣の色や柄を計算するのと同時に、当日手にするバッグやうちわの様な小物と合せると更にお召し物やネイルを美しく見せることができます。

七五三(振袖)
振袖ネイル

七五三をお母さんとおそろいのネイルで迎えられたらとても素敵です!学校などの都合もあるかと思いますのでオフのご予定も同時にすすめるのが大切なポイントです。

着物ネイルの大切なポイント

色味を重視したネイル

着物・袴・浴衣のネイルにおいて最も大切なのが全体的な色味です。将来を見据えて考えると、着物・袴・浴衣を着るようなイベントでの主役はあくまで着物・袴・浴衣を着るご本人であり、ネイルではありません。したがってネイルの模様、柄まで細かく写っている(残っている)写真は多くてもせいぜい1割程度ではないでしょうか。ならばせめて着物に対して手元に不快な色があると感じさせないネイル全体の色味を重視する必要があります。右上の表を見ていただくとわかると思うのですが、色には互いの色をキレイに見せる「補色」というものが存在します。写真のように青空にヒマワリ畑が美しく見えるのも、黄色に対して青の補色効果が影響していることが考えられます。

 

お召し物を先に決める

小物に合せたネイル

上記の理由からネイルをする時点で着物・浴衣・袴が決定していることが好ましい条件と言えます。最低でも「こんな色にしたい」というお召し物のイメージは必要です。お召し物の色や柄が決まっていれば、こちらからの提案もしやすくなるのでお写真などお持ちいただけると、よりよいサポートが可能となります。また、当日手に持つバッグや小物の種類や色も大切なポイントとなりますので、できるだけ詳しくお伝えください。日本古来の着物は本当に艶やかで美しく、多少派手なネイルをしても負けることはありませんが、コトネイルはあくまで、お召し物をより美しく際立たせるサポートに徹するネイルを心がけています。

着物ネイル限定オプションプラン

想い出保存

ネイルチップ

着物・袴・浴衣ネイル限定のプランです。

イベント当日のネイルと全く同じネイルをネイルチップとして作製いたします。(コトネイルは爪を痛めるという観点から通常ネイルチップ作製をしておりません)

以前「お母さんがお母さんの結婚式でしてたネイルと同じネイルをして自分の結婚式をしたい」という依頼がありました。『もしかしたらこの仕事をするためにネイリストになったのかも』と思うほど胸の熱くなる施術でした。当時のお母さんのネイル写真を見ながら「絶対完コピしてやる」という強い気持ちでネイリストとして持てる技術の全てをつぎ込んで施術をしました。実際私の娘がいつかこんなことを依頼してきたら泣いてしまうかもしれません。母と同じ着物を着て成人式を迎える。母と同じドレスで結婚式を挙げる。同じように母と同じネイルで母と同じ節目を迎えるというのも素敵な選択ではないかと思います。私たちネイリストに出来ることはほんの限られたことだけですが、節目を迎える時のネイルを保存しておくことがお客さまのサポートに繋がるのであれば喜んでお引き受けいたします。ネイルチップですのでそのまま脱着することもできますが、いつか来るかもしれない未来に、そのチップをお持ちになってどこかのネイルサロン(私が引退してなかったら喜んでお引き受けいたします!)に行けば、きっとあの日の私と同じように全力で完コピを目指してくれるはずです。成人式、卒業式、七五三・・・様々な節目で是非ご利用ください。

Copyright(c) 2018 coto.nail(コトネイル) All rights reserved. camomille / camonavi